Love Buddy 切ないジェラシー

神谷 幸弥(さや)

2019-02-13
恋愛ヒストリア
0 COMMENTS
Mと女性社員の行為を静観出来るほど、私の度量は大きくなく、動揺のあまりMの荷物を床に落とした。2人の行為の先を見るのは耐え難い。といって、口出し出来る立場ではない。

一刻もこの場から離れたくて踵を返した。

ユキ!来るのが遅えーぞ!

苛立ちを含んだ彼の言葉が私を引き止める。
2人の姿を視界に入れたくなくて、背中を向けたまま立ち止まった。

いつまで、そんな所に突っ立ってるんだよ。
さっさとコッチに来いよ。

彼の顔をまともに見ることが出来ず、目を伏せたままベッドの傍らへ向かった。

お前さぁ、何してくれちゃったわけ?

言われたことが飲み込めず顔を上げてみると、彼が女性社員の両肩を掴み自分の身から引き離していた。彼ほうを向いている女性社員の表情は、私からは伺い知ることは出来ない。

キス…したんだ…。

現実を目の当たりにして俯いた。同時にポタポタと雫が床に落ちた。彼の指が目の縁をそっと拭う。

ったく…
泣くくらいなら、この人をけしかけるようなことすんなよ。

彼の視線が女性社員に向く。その視線を追うように女性社員に目をやると、苦々しげな表情をしていた。

したんじゃなかったの…?

彼のほうに視線を戻す。

そんなに俺が信じられないのか?
見境無しに手を出すような男だと思ってる?

今までの彼の態度からは軽薄さは感じられず、ふるふると首を横に振った。

だったら何で?

私には、止める権限なんてないから…
彼女を…彼女だけじゃなくて…
Mに近付く人を…Mを好きになる人を…
それを受け入れるMのことも…だって私…

「Mの奥さんじゃないから…」
決まり文句のように言っていた言葉が出てこず口ごもった。しどろもどろに答える私を見て彼がため息を漏らす。

なぁ? 俺にとってのお前って何?

何って、相棒…

まぁ、確かに相棒には違いないけど。
お前、言ってたよな? 俺達は男女の域を超えた関係だって。今でもそう思ってる?

彼を男として意識しないようにしていたこともあり、こくりと頷いてみせた。

そう思ってるんだったら、何で昨日は抵抗しなかったんだよ?
俺は無理強いしたつもりはない。お前が嫌がるようだったら、手を出したりなんかしなかった。

言われた通り、心の何処かで彼を男として見ている自分がいる。返す言葉が見つからない。

「あ〜あ。とんだ茶番ね。目の前で見せられるコッチの身にもなってよ。おーっ、寒っ。同室の人が不在で良かったわね。こんなの見たらドン引きよ」

それまで口を挟まなかった女性社員が捲し立てる。はっとして声がする方を見ると、女性社員はツンと顔をそむけて病室から出ていった。その姿を唖然とした表情のMの視線が追う。

びっくりしたぁ。何だ?あの女…

私が邪魔しに来たって、腹を立てたんだよ…

邪魔も何もないだろ。
突然、押し掛けてきたかと思えば、お前に背中を押されたとか言って、いきなり迫ってきたんだぞ。

彼が私の腰を引き寄せ唇を首筋に這わせ、服の上から胸を撫でる。

ちょっと!どさくさに紛れて何してんのよ。

Mの手を引き離し、手の甲をペシッと叩く。

ってぇ…毒気抜きくらいさせろよ。
俺、ああいう自分モテますアピールする高飛車な女は苦手なんだよ。

懲りずに叩かれた手を胸に這わせてくる。

んもう…
Mが思わせぶりな態度をとってたんじゃないの?

はあ? 何言ってんだよ。
あの女には付き合ってる男がいるんだぞ。

え? そうなの? じゃあ、何で、私にあんなこと…

お前、ほんと噂話には乗らないし、プライベートな話にも首を突っ込まないんだな。

そういうの嫌いだから。
そのせいで、社長と専務が夫婦だなんて最近まで知らなかったけど。

マジか… じゃあ、当然、俺のことも…

Mのことって…?

あ…いや…何でもない…
あの女は彼氏と喧嘩でもしたんじゃないか?
で、腹いせの矛先を俺達に向けたってトコだろ。

何で私達に?
意味、分かんない。

噂話に乗らないお前には分からねぇだろうな。

ちょっと今バカにしたでしょ。私のこと。

そんなことねぇよ。そういや、お前の格好…

言われて、ようやく、昨夜寝ていたままの姿だということに気付いた。

あ…ごめん。昨夜、借りちゃった。
で、今朝、時間がなくてそのまま…

ま、良いけど。

彼の手が上衣の裾を捲り下着の中に潜り込み、指が胸の先端部分をコリコリと弄った。ジンジンとした感覚に思わず声が漏れる。

お前の身体、敏感過ぎじゃね?
これで子供を産んでからする気になれなくなってたって言うんだからなぁ。本当は俺が知らないだけで他の男とやってんじゃねぇのか?

違っ… 何でそんなこと言うの?

別れた旦那みたいに、俺の知らないお前を知ってる男がいるって思うと妬けちまうんだよ。お前は完全には俺を受け入れてくれないし、他の女をけしかけるようなことをするし、心は他の男のとこに行ってるんじゃないかって、どうしようもなく不安になっちまうんだよ。

私だって同じだよ。
Mって女の人の身体の扱いに慣れてるみたいだし、妻子持ちのくせに私にこんなことしてくるし、他にも不倫関係になってる女の人がいるんじゃないかって…

俺がそんなにモテるわけねぇだろ

でも、今日、出しなに女の人が訪ねてきた…

女? まさか…な…

それまで胸を弄っていた手の動きがピタッと止まり、彼は私の身体から離れていった。

彼の訝しげな表情に嫌な予感が湧き上がる…


今回はこの辺で…

関連記事
お読みくださり、ありがとうございます。
にほんブログ村 その他日記ブログ 自己満足へ 人気ブログランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply