ギザギザハートの思春期

2018年10月30日
0
0
私事ネタ
ガキンチョ時代の次はティーンエイジャーね。

★中学生時代

特に勉強した記憶は無い。というより勉強の仕方が分からなかった。にもかかわらず成績は135人中15位以内をキープしていた。おそらく、黒板に書かれる文字が見え難いが為に教室の最前列のど真ん中に座席があり、教師の話がすんなり耳に入って脳内に留まったのだと思われる。

眼鏡では思うように視力を得られなかった為、コンタクトレンズに変える。この時初めて世の中が鮮明に見えた。コンタクトレンズに変えたことが見た目の印象に影響したのか、それまで縁が無かった「可愛い」という言葉を言われる。

水溜まりの前で躊躇していた同級生の女子を『お姫様抱っこ』して渡って以降、何かと女子から注目を浴びるようになる。試験の点数と順位が廊下や教室に貼られていた為、思いがけずも学校中に名前が知れ渡っていた。

部活は入部したての頃に部長に楯突き退部。←反発した理由は知人の名誉の為に伏せておく
以降、部活の人間関係に嫌気が差し帰宅部を通す。

しかしながら、教師受けが良かったらしく、休み時間は職員室に入り浸るくらい教師達と親密になる。
(テストの採点を手伝うことも・・・)
そのせいか、優等生と言われる反面、担任の男性教師との不倫説が陰で拡がっていた。←おかげで同窓会には1度も出ていない

物憂げな表情の女子生徒
※イメージ画像/ぱくたそ(www.pakutaso.com)モデル:伊藤里織

勉強が嫌いなことと家計的なことから大学への進学は除外していたので、地元の県立高校の商業科を受験することにした。このことは、かなり担任教師を落胆させた。
内申書の為に教師に頼んで英語部に入部。←何故か部長扱い

★高校生時代

商業科を選んだこともあり、勉強は資格取得を目的としたものだった。

1年の2学期、鍵が壊れたのかトイレに閉じ込められていた女子生徒をドアを蹴破り救い出して以降、またしても生徒の9割を占める女子に一目置かれるようになる。

当時から何の脈絡もない話で盛り上がれる女子が、何を考えているのかサッパリ分からなかった。次第に大半の女子とは距離を置くようになっていく。男子と話している方が気が楽だった。
その結果『優等生の顔をして裏では男遊びをしている』と、中学生の時と同様に陰で噂が拡がった。

それでも特にトラブルも無く、一通りの資格を取得して卒業することが出来た。

と、まぁ、こんな感じで成長してきたのであ~る。
社会人になってからのことは追々と書くとしよう。うん。


関連記事
お読みくださり、ありがとうございます。
にほんブログ村 その他日記ブログ 自己満足へ 人気ブログランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村
神谷 幸弥(さや)
Posted by 神谷 幸弥(さや)
頑張らない人生を生きる現実思考の楽観主義者。
歯に衣着せぬ性分。B型。
三大モットー【本気・根気・能天気】
視覚異常を抱えた福祉手帳所持者。
就労継続支援A型事業所にて勤務。

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a reply